コラム

乾燥肌

≪乾燥肌≫

秋から冬にかけて、だんだん空気が乾燥してくる時です。
乾燥は肌のバリア機能を弱め、湿疹などの炎症を招きます。
また肌が乾燥すると、目のまわりのシワやたるみ、くすみなど肌の老化へとつながります。
スキンケアの保湿に加え、食事でも肌のうるおいや新陳代謝を高め、体の内側から美肌対策をしましょう。

◎乾燥肌はタンパク質、ビタミンAなどの栄養不足や皮脂分泌の低下などが原因です。

寒くなると、肌のカサつきに悩む人が増えます。それは、空気が乾燥していることだけが原因ではありません。
体は寒さを感じると、体温の低下を防ごうと皮膚への血流量を減らします。
そうすると皮膚の代謝が低下し、皮脂の分泌が少なくなります。
さらに、セラミドの産生も低下し、汗の量も減る為、皮膚内の水分はどんどん蒸発してしまいます。

◎改善方法
乾燥肌の改善には、肌にうるおいを与えるビタミンAや、血液循環をよくして血色のよい肌にし、肌のすみずみに栄養をいきわたらせ、うるおいをもたらすビタミンEが効果的です。
ビタミンAは、レバーやウナギなど動物性食品に多く含まれています。
また、抗酸化作用の強いβカロテンは、カボチャや人参、ほうれん草など緑黄色野菜に多く含まれています。
ビタミンEは、ベニバナ油のような植物性油脂やアーモンドなどのナッツ類に豊富に含まれています。

◎その他、乾燥肌の改善に有効な成分
タンパク質➡肌をはじめ体を構成する大切な成分。不足すると肌の状態が悪くなり、乾燥します。タンパク質とビタミンCをいっしょにとると、コラーゲンの生成が促進されます。

必須脂肪酸(植物性油、魚油)
➡細胞膜を構成するリン脂質の成分。体内で合成できない脂肪酸。

ビタミンB2、ビタミンB6(レバー、サバ、サンマなど)➡皮膚の新陳代謝をよくし、ハリと弾力を与えます。
ビタミンC(柿、キウイ、ピーマンなど)➡コラーゲンの生成を、助ける働きがあり、皮膚の抵抗高めます。
◎入浴と保湿でしっとり肌に

カサカサの乾燥肌を防ぐには、入浴で新陳代謝を高めることが重要です。 少しぬるめのお湯が基本
体を洗う時はやさしくマッサージし、血行をよくし発汗を促します。入浴後は、すぐに乳液やクリームで保湿し、皮膚からの水分蒸発を防ぎます。

寝屋川店 栄養士 鳥井 友花子

PAGE TOP